読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの売上を倍にするための”売上3原則”を公開!

んにちは、
HITO-PROの瀬尾です。
 
今回は「売上の方程式」について
お話ししていきます。
 
今回の記事を読めば、
売上が上がるポイントを知ることができ
あなたのビジネスを効率的に
成長させることができます。
 
逆に今回のことを知らなければ、
ビジネスで必ず訪れるだろう
売上が伸び悩んだり落ち込むような
低迷の時期に
 
売上を伸ばす戦略がなく
がむしゃらに動くものの、
思ったように売上が伸びない・・・
 
なんてことになるかもしれません。
 
どんな施策を打てば良いのかわからず
労力と予算を無駄にしてしまいますし、
時間もお金も無駄にしてしまいます。
 
そうならないように、
これはビジネスを回していく上で
必須の知識ですので
集中して読み進めてください。
 
 
この売上の方程式は
全米NO1マーケッターと言われる
ジェイ・エイブラハムが提唱しているもので
今やビジネスの基礎知識となっています。
 
ジェイが言うには
売上は以下の3つの掛け算です。
 
・客単価
・購入客数
・購入回数
 
つまり、
客単価 × 購入客数 × 購入回数 = 売上
ということです。
 
 
例えば、
あなたがファッションECサイト
オーナーだとします。
 
あなたは初月から100万円売り上げたい
思っています。
 
その場合、
 
お客様1人あたりの平均購入金額が10,000円
1ヶ月間の購入者の数が100人
お客様1人あたりの月内購入回数が平均1回
 
を目標にすれば
 
10,000円 × 100人 × 1回 = 100万円
 
と100万円の売上を達成できます。
 
もし初月から100人新規顧客に買ってもらうのが
難しいと感じるのであれば
リピートを促すのもアリです。
 
10,000円 × 80人 × 1.25回 = 100万円
 
新規顧客獲得を80人目標にし
4人に1人がリピートをするような戦略をとれば
100万円売り上げられるということです。
 
 
ここで大切なことは
 
・客単価
・購入客数
・購入回数
 
この売上3原則の
目標値を定めるということです。
 
売上を2倍にしたいと考えたとき、
安易に価格を2倍にしてしまう人がいますが、
果たしてそれは現実的でしょうか?
 
価格を上げるのが現実的な手段であれば
値上げをすればいいと思いますが、
 
複数購入で客単価を上げたり、
集客を強化して購入客数を増やしたり、
リピート率を強化する施策を打ったりして、
 
総合的な視点で売上を増やすことができると
バランスの良いビジネスになります。
 
 
「売上の方程式はわかりました!
でも何から手をつければいいですか??」
 
そう思ったあなたは
以下のステップをこなしてください。
 
Step1. 今の売上の分析
 
分析すると考えると難しく感じるかもしれませんが、
 
まずは直近3ヶ月間の売上を見て
どのような方程式で売上が成り立っているか
自分なりに方程式を立ててみてください。
 
その際、
必ず客単価を割り出してくださいね。
客単価の割り出し方は売上÷購入者数で出せます。
(※リピートがない場合)
 
 
Srep2.3原則中で伸ばせそうなものを洗い出す
 
分析することで、自分の弱点が分かったはずです。
例えば、以下のような対策が取れるかもしれません。
 
客単価が低い
→セット売りや、同時購入を促す
 
購入者が少ない
→メディア発信を増やす、広告を打つなど集客力をつける
→あるいは、成約率を上げるためにセールスを学ぶ
 
リピートがない
→回数券や割引券をつける、ポイントカード施策など
 
私はあなたほど、
あなたのビジネスを分かっているわけではないので
もっといい施策があなたなら思いつくかもしれません。
 
 
Step3.それを実行する
 
すぐに着手できそうなものはありましたか?
 
「思いついた改善案は
どれもすぐに着手できない・・・」
 
そんな場合は、
改善案に着手するために何を片付けるべきか
タスクの洗い出しをして下さいね。
 
 
以上が売上を効率的に増やす
売上の方程式です。
 
売上をあげたいと思っているあなたは
今すぐ前月の売上が
どのような方程式で成り立っているかを
確認してください!
 
 
最後までご覧いただき、
ありがとうございました。