読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんな人にも最後までブログを読ませてしまうプレゼントの法則

んにちは!

HITO PROの瀬尾です。

 

あなたはビジネスにおいて

情報発信をしていますか?

 

店舗ブログでも

アフィリエイトブログでも

YouTubeでも

なんでもいいです。

 

では、

あなたは情報発信するときに、

読者に『プレゼント』をしていますか?

 

「えっ、プレゼントってどういうこと?」

そう思ったあなたは要注意です!

 

この法則を知らないと

情報発信をしているにもかかわらず、

 

誰にも読まれない記事を

わざわざ時間をかけてまで

量産している可能性があります!

 

誰にも読まれない、

まったく効果のない記事に

無駄に時間を投資している

可能性があるのです。

 

この法則を知っていれば

思わず読者が

 

「読みたい!」

「内容を知りたい!」

「早く更新されないかな!」

 

とあなたのブログを

心待ちにすることでしょう。

 

それくらい重要な法則なので

一字一句逃さぬよう

しっかり内容を理解していってください。

 

 

少しエクササイズをしましょう。

思い出してみてください。

あなたは情報発信をするとき

自分の記事やコンテンツで なにを話していますか?

 

「店舗での最近のちょっとした出来事かな」

「商品の説明をこの前更新したな」

「イベント情報かな」

とか、なんでもいいです。

 

思い出してみてください。

 

思い出しましたか?

 

はい。

では、その記事は誰が読んでいますか?

いわゆる『ターゲット』のことです。

 

お店のお客さんかもしれませんし、

見込み客かもしれません。

誰か一人、

具体的な人物を思い浮かべてもいいです。

 

思い浮かべましたか?

 

はい。

では、その人にとって、

あなたの記事は

 

「教えてくれてありがとう!」

 

と思われる内容でしたか?

 

これに自信をもって

「はい、そうです!」

と答えられないあなたは、

読者にプレゼントが渡せていません。

 

冒頭に言った『プレゼント』は

このことです。

 

ビジネスで情報発信する際は

「教えてくれてありがとう!」

と思われるような

 

読者の役に立つ記事でないと

意味がありません。

読まれません。

 

読者は毎日朝起きて仕事に行って

バタバタとその日の仕事を終わらせて、

終業後は満員電車に揺られて

お家に帰って食事を済ませて…

 

つまり、忙しいんです。

自分の役に立たない記事なんて

読んでる時間なんてないんです。

読みたいとも思わないんです。

 

お店の日常だとか、

ちょっとした小ネタだとか

商品の売り込みだとか

読みたくないんですね。

 

「そんなこと言われても…」

「じゃあなにを書けばいいんですか…」

 

きっとそう思っていると思います。

 

実は、一番簡単なプレゼントは

「ノウハウ」です。

 

もしあなたが美容師さんなら

「髪の毛の痛まないドライヤーのかけ方」とか

 

もしあなたがアパレル関係なら

「絶対に外さない着回しのテンプレート」とか

 

もしあなたが

ダイエット関係の アフィリエイトブログをやっているなら

「痩せるために摂りたい栄養素」とか

 

そういった、 お役立ち情報です。

 

では、今回は

ブログのテーマを見つける

3つのステップを紹介します。

 

Step1 読者がどんなことを知りたいか知る

 

店舗であれば

直接お客様に聞けばいいと思います。

「なにに悩んでいますか?」と。

 

実店舗がない場合は、

お客様にアンケートを取ってみたり、

どんなテーマがいいか

キーワードツールで調べてみてください。

 

Step2 そのテーマを細分化する

 

お客様はあなたと違ってプロではないので

「髪の毛が痛まない方法が知りたい」

とか大きなテーマで言ってくると思います。

 

きっとプロであるあなたは

シャンプーはこういうの使って

リンスはこれで、

トリートメントもした方が良くて

ドライヤーのポイントはこれで…

 

と全てお伝えしたくなると思います。

 

このような記事は冗長で、

書くのも読むのも大変ですね!

 

「痛まないドライヤーのかけ方」

「痛まないシャンプーの選び方」

など、そのテーマを細分化してください。

 

Step3 その記事を書く

 

ポイントは 細分化したテーマだけを話す

ということです。

1つの記事で、

プレゼントは1つだけにしてください。

 

 

プレゼントの法則、理解できましたか?

 

理解できたあなたは

明日の営業からでも

お客様の悩みを聞いてみてくださいね!

 

きっとお客様に

「役に立ったよ!」

「教えてくれてありがとう!」

という反響がくるようになるので、

 

ブログを続ける

モチベーションにもなりますよ!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!