読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3分で読みたいブログに生まれ変わるごく簡単な4つのコツ

んにちは!

HITO PROの瀬尾です。

 

今回はブログの「読みやすさ」に特化して
お話ししていこうと思います。

 

あなたはネットで何か記事を読んでいて

「うわ、すっごい読みにくい記事だな〜」

と思った経験はありませんか?

 

いまからお話しすることをあなたが知らなければ、

もしかしたらあなたの記事も
そう思われている可能性があります!


今回お伝えするコツは
知っているか知らないかだけです。

 

知っていれば誰でも簡単に
この記事を読み終わってから
たった5分で読みやすい記事を作れます。

 

知らないと無自覚に読みにくい記事を量産し
どんなに読者のためになることを書いていても
誰も読みたいと思わない記事に
なってしまうかもしれません。


とても簡単ですが、
かなり重要なポイントになるので
集中して聞いてください。

 

まず、

以下の文章を比べてください。

 

ーーーーー

 


読みやすい記事のポイントのひとつは文字の縦横の比率です!ぎっちりと文字が詰まっていると、「難しそう…」「複雑そう…」と抵抗感があります。ひとかたまりで認識できるブロックにすると、自然と脳が「読みやすい!」と感じる記事が作れます。

 


読みやすい記事のポイントの一つは
文字の縦横の比率です!

 

ぎっちりと文字が詰まっていると、
「難しそう…」「複雑そう…」
と抵抗感があります。

 

ひとかたまりで認識できる
ブロックにすると、自然と脳が
「読みやすい!」
と感じる記事が作れます。

 

ーーーーー


全く同じ文章ですが、
どちらが読みやすいでしょう?

 

②の方が読みやすいと感じる方が
多いのではないでしょうか?

 


つまり、
読みやすさとは文章の内容ではなく
視覚的な問題です。

 


押さえるべきポイントは4つ!

 

①文字の大きさ


細かい字でびっちり書かれている記事を
あなたは読みたいと思いますか?
想像しただけで読みづらそうですよね。

 

ある程度大きな文字で書くというのは

読ませるブログの基礎テクニックです!

 

ただ、大きすぎても読みづらいので、

 

アメブロであればフォント3

はてなであれば標準フォント

ワードプレスであれば12pt

 

程度が良いかと思います。

 


②行数、文字数


先ほどの例でわかったと思いますが
文章をかたまりにすると
視界に入った時に読みやすいと感じます。

 

縦 4行
横 20文字

 

これがひとかたまりで
認識しやすい限界です。

 

このブロックを意識して

改行をしてみてください!

 


③色と文字サイズ


わかりやすくしようとしているのか
たくさん色を変えたり
いろいろな文字サイズを使ったりして
装飾している記事を稀に見かけます。

 

確かに強調するべきところは

文字サイズを変えたり、

色を変えたりすると

強調できますが、限度があります。


すべて最大3種類と考えてください。

 

例えば色の場合


ベースの色…黒
強調部分の色…
その他部分の色…

 

のように役割分担をさせてください。


サイズであっても同じです。

 

実はこのブログは、

 

色は黒、赤、青の3種類

サイズは

標準サイズとやや大きいサイズの2種類

 

で作られています。

 


④鍵かっこを使う


鍵かっこを使うと視覚的にメリハリが出ます。

 

そして
読者が会話をイメージし、
コミュニケーションを取りながら
読ませることができます。

 

例えば

 

皆さんなかなか痩せられないという
悩みがありますが…

 

という文章よりも

 

「全然痩せられないなぁ…」
そんな悩みをお持ちだと思いますが…

 

という文章の方が
読者とコミュニケーションが取れていますね。

 

 

読みやすさには
視覚的な要素が大きく関係してきます!

 

読みやすさの重要性がわかったあなたは

今すぐあなたのブログをチェックして
直せるポイントがないか確認してください!

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!